ベトナムコーヒーの自宅での作り方

ベトナムコーヒーは、独特の苦みが癖になる美味しいコーヒーです。そのままでも十分美味しいのですが、さらにもっと美味しく飲める方法があります。それは、私たちが日本向けにプロデュースしたベトナムチェンファー農場主、フーさんが厳選ブレンド「アオザイビューティー【キャラメル】」に練乳をたっぷり注いで飲む方法です。

ベトナム人もみんなこの飲み方でいただいています。練乳の甘さとコーヒーそのものの苦みが素敵にブレンドするこの飲み方。まさしくキャラメル風味の味わいで皆さんもすぐに大ファンになると思います。このキャラメルコーヒーを、ベトナムの街並みや風を感じながらご賞味ください。

1.作り方手順

まずは必要な器具を用意しましょう。市販のもの、お家にあるもので十分ですよ。こんな感じです。

 

ベトナムコーヒー(キャラメル)、ペーパーフィルター、ドリッパー、サーバー、やかんあるいはドリップポット、コーヒー用計量スプーン、カップ(ホット用)あるいはグラス(アイス用)、ベトナム式フィルター(フィンといいます)

 

実はこの「ベトナムコーヒー」。本場のベトナムではフィルター(フィン)をグラスに乗せたままコーヒーを淹れるユニークなスタイルが一般的です。でもフィンなんて普通はお家にないですよね。フィンはベトナム雑貨を扱っているお店などで入手できるのですが、ここでは、普通にペーパーフィルターを使って淹れる作り方(ホットキャラメル)を、

フィンを使って飲むアイスキャラメルとあわせてご紹介します。

2.用意するコーヒーの分量

お好み次第なのですが、おおよそ一杯分の目安は、コーヒーの粉10g強程度(計量スプーン一杯程度)です。一般のコーヒーと同じですね。金属製のフィンは穴を開けただけの面白い形状ですよ。また、ベトナムキャラメルコーヒーに欠かせないのが練乳(コンデンスミルク)です。一杯あたり、20gを目安にお好みで加えます。大丈夫。コーヒーそのものがこの濃厚な練乳に負けないものですので、安心してたっぷり注いでください。

【おいしい淹れ方】ホットキャラメル編

~ペーパードリップでつくってみましょう~

1.準備:器具をそろえてお湯を沸かすところから始めてみましょう。

器具はあらかじめ温めておくとよいかもしれません。お湯は水道水で大丈夫です。沸かしておきましょう。コーヒーの抽出に理想的な温度(95℃前後)です。ぼこぼこ沸騰した状態が鎮まるころが目安です。

 

2.ペーパーフィルターをセットしてください。

フィルターの底の接着部分を外側、次に側面の接着部分を内側に折ってください。それをドリッパーにそっとセットします。

 

3.フィルターにコーヒー粉を入れてください。

全体にムラなくお湯を注ぐことを心がけましょう。ドリッパーを軽く振ることで、粉の表面を平らにすることができると思いますよ。

 

4.コーヒーを蒸らしながらお湯を注ぎます。

できれば「より美味しいコーヒーを飲みたい」ですよね。そのために「蒸らす」ことを常に意識しましょう。初めにコーヒーに少量のお湯でOK。そっと注ぎ粉全体にお湯を含ませます。「の」の字を書くようにお湯を注いでください。数十秒、そのまま放置。サーバーにポタポタとお湯が数滴落ちはじめますよ。

 

5.カップに注ぎます。

あらかじめコンデンスミルクをカップに入れておきましょう。温かいうちにカップにそのまま注ぎます。カップはあらかじめ温めておくと良いですよ。美味しいお菓子と合わせると素敵なティータイムです。

【おいしい淹れ方】アイスキャラメル編

~フィンを使って作ってみましょう~

1.フィンにコーヒーをセットしてください。

中ぶたを開けて、フィンにコーヒーを入れます。軽量スプーンで1杯分で1人分くらいを目安にしてみてください。

 

2.中ぶたをおいてコーヒーにふたをします

中ぶたを乗せて覆います。きつく抑えると濃い味会いになります。ただし抽出にかかる時間が長くなってしまいましますのでその点をあらかじめご了承を(^_-)-☆。ふたをふわっとのせる感じくらいも良い感じとなりますのでお好み併せてふたをおいてください。

 

3.お湯を注ぎ蒸らします。

あらかじめコンデンスミルクや氷をグラスに入れておきましょう。グラスの上にコーヒーをいれたフィンをおきましょう。そして穴の開いている中ぶたの上から、お湯を注いでコーヒーを蒸らしていきます。

 

4.徐々にお湯を注ぎ抽出をすすめます。

注いだお湯が落ちきるまで少し待ちましょう。20秒程度で十分です。コーヒーを蒸らしたら、少しずつお湯を注いでいきましょう。ふたを上げ下げしながら、コーヒー液がグラスに落ちやすいように調整してください(この時お湯は熱いので気をつけてくださいね)。

 

5.フィンをとってまぜまぜしましょう。

コーヒー液が十分たまったら、フィンを外してコーヒーとコンデンスミルクをよく混ぜれば美味しいベトナムコーヒーのできあがりです。その味は甘くて冷たいキャラメル風味。是非ご賞味ください。

※コンデンスミルクは日本産よりもベトナム産の方がよりおいしいと思います。